フォト蔵、システムの不安定感がぬぐえません。


フォト蔵。 ご存知のとおり、写真館、音楽館 共々大変お世話になっているサイトですが、どうしてもシステムの不安定感がぬぐえません。 一昨年 ( 2015 ) 暮れ、1週間以上ダウンが続き、さらにはユーザーへの対応がとても誠実とは言えず、不信感が確定的となって以降も断続的なシステム障害が今も続いております。

また、運営会社が度々変わる など、経営基盤の脆弱性も不安の種です。 これが上記システム障害の多発、ユーザーに対する不誠実な対応に、基本的な所でつながっているような気もします。

という訳で この一年半、折に触れ代替サイトを模索してきたのですが、フォト蔵ほどの便利機能、使い勝手の良さを持つサイトには まだ巡り合えておりません。 まぁ、使い慣れてしまった って事も 大きく影響しているかと思うのですが。

でも、いつまでも ぐずぐず していても進展はなく … さらには ( ここが肝心なのですが ) 知り合いの美女に相談された事が最大の動機となって …

取り敢えず livedoor blog で よだっと音楽館 ( 画像 ) を暫定開設してみる事にしました。

この記事、まだまだ続きます。 時々のぞいて頂けると嬉しいです。



備考 : GSC へのサイトマップ登録について

   サイトマップ   /sitemap.xml
   RSS        /index.rdf

ちなみに FC2 ブログの場合   ( 現在機能してませんが … )

   サイトマップ   /sitemaps.xml
   RSS        /?xml

※ 無料ブログ等のRSSフィードと GSC 用のXMLサイトマップのURLについて


北原めぐみ さんの 想い出


 北原めぐみ きたはらめぐみ ヴァイオリン奏者 ヴァイオリニスト

本当は音楽館のどこかに 【 館主敬白 】 として綴りたいのですが適当な場所が思い付かず、取り敢えずこちらに書かせて頂きます。 いつの日か、今だ! って思える時が来たら、リンク 貼ってもいいですしね。

北原めぐみ さん、小諸高校音楽科関連やアンサンブル・ノヴァの記事を書いていると必ずお見かけするお名前なので、たぶんキー・パースンのお一人なんだろうなぁ とは思っていたのですが、どうしてもプロフィール・ページが作れませんでした。 画像があってもテキストが無かったり、又は その逆だったり、確実ではなかったのです。

きっと、あまり、マイクを持って表舞台に立ったりしたくない、裏でしっかり支えたい、そういう方なのだろうなぁと思っていたのですが、ひょんなところからきっかけがつかめました。 2017/04/02、今井麻耶さんたちのコンサートを編集している過程で、Royal Hawaii さんのブログを眺めていたら、どこかでお見かけした顔が。

え゙? 北原めぐみ って書いてあるけど、これ、石川めぐみ さんじゃねぇの?

 石川めぐみ いしかわめぐみ ヴァイオリン奏者 ヴァイオリニスト 石川めぐみ さんなら、ヴァイオリニストとして、小諸高校音楽科の講師として、かなり以前に音楽館のプロフィール・ページに登録済みです。 どうりで いくら探しても 見つからなかったわけだ。 仕組みが分かりました。

北原さん最大の想い出は、2014/11/02、小諸高校音楽科、定期演奏会でのアシスタント・コンサートマスター ( 1st プルト、ステージ奥側 = 譜めくり担当 ) 風景でしょうか。 ちょっと不慣れな生徒さんのコンサートマスターを見つめる まなざし、支え、励ましている姿は感動的でした。 オケの一員なので北原さんの音を直接判別できるわけではないのですが、ボウイングやハイ・ポジションのビブラートなど、ぐいぐいと 颯爽と格好良く、実質的な コンマス ( コンミス ) を務めていらっしゃいました。 オーケストラ全体が彼女の背中を見つめていたと思います。 2年以上前、この女性が北原さん ( 石川先生 ) という認識が無い状態だったにもかかわらず今でも覚えているくらいですから … 今回、北原さんの写真を拝見した途端 この人だ! って直感したくらいですから … いかに印象深かったか、ご理解頂けると思います。

実はつい先日、とても残念な事に 北原めぐみ = 石川めぐみ に気付く以前、つまり、あの時の彼女だ! という認識が無いまま、北原さんのヴァイオリンを聴かせて頂いております。 ただしこの時はピアノ伴奏つきのフルートとの二重奏で、音量的にバランスが取れておらず フルートの方が勝っていて、ヴァイオリンの音が私までスムーズに届いてきませんでした。 直接面識がある訳ではありませんが、フルート奏者も ずっと応援してきているお嬢さんで、そちらのほうに より意識が向かっていたせいかもしれません。 彼女、とっても伸び伸びと吹いてましたし。

というわけで、いつか北原さんの演奏をゆっくり聴かせて頂きたい館主なのであります。


【 続きを読む 】

新海誠  『 君の名は 』


カメラのメモリーを整理していたら出てきました。 今さら感のあるタイトルになってしまいましたが、お盆過ぎ、8月27日に二子玉川まで出掛けて行って撮ったものです。 ご本人 っつうか、東宝のご担当者の女性が 撮影可 っておっしゃったので、数枚撮らせて頂いたのですが、撮ったの忘れてた。


   『 君の名は 』 見に行きますか?

映画の師匠からメールが届きました。

   なにそれ? 70年前の ラジオ・ドラマ の リメイク?

ま、こんな感じ。 ついて行ったら 監督ご挨拶付きの上映でした。  ^^;

あの時点で 『 君の名は 』 は 既にブレイクしてましたが、まさか こんなにまでなるとは。 スーパーの BGM にもかかってますもんね。

新海クン、実は私の高校の後輩なのです。 彼の実家のあたりを想いながら、あぁ、あの夜空の描写は本物の闇を知ってる人のものだなぁ、などと … 妙な所に感動しながら観せて頂きました。 あとで もう一回 観 に行った。

少年と少女が、空間を超えて入れ替わってるのは すぐ理解できたけど、時間まで超えている事に気付くのに時間がかかった。 ??? なんかおかしくね? って感じだった。  やっぱ歳かなぁ。 ^^;


※ 追記  宇宙飛行士の油井さん、ピアニストの 小澤英世 さんも 高校の後輩です。 新海クンの先輩。


 新海誠 君の名は


モズ ( 早贄 = はやにえ = トカゲ )


ご無沙汰です。 広告表示が出てから1ヶ月以上が過ぎてるんだと思います。 それって、2ヶ月以上更新してなかったって事? ^^;  音楽館 に手間取っていて、写真館食べログ に手が付けられないでおりました。 この時期のコンサートは夏休みの趣向が盛り沢山で、1件処理するのに 通常の数倍かかったりするのです。 やっと一段落し、今、これを書ける状態になってまいりました。 ログを見ると、その間も ほぼ毎日 ご来館頂いているみたいで、本当に恐縮の限りです。 感謝致します。  m(_"_)m

昨年、我が家の梅の木にモズが巣をかけた事をお伝えしたのですが、覚えていらっしゃるでしょうか。 そのモズが 今も目の前で せわしなく梅の木に出入りしております。 きっと 今年も雛が育っているのだと思いますが、あまり騒いで育児放棄でもされると後味が悪いので、今年は覗き込むのは控えました。 そしたらモズ君、感謝の気持ちを 大家である私と 管理人であるウチの奥さんに伝えたかったらしく、素晴らしいスペクタクルを見せてくれたのです。

オスが やたらと軒下に舞い降り バタバタ やっているのが、2重サッシとレースのカーテン越しに見えるのです。 何事かと思って見ていると、どうやら地蜘蛛の巣をつついて 卵か子蜘蛛を食べている? 様子 … 慌ててレンズを向けると …

なな、なんと!  軒下の南天の木にトカゲを引っ掛けて 食べているではないですか!

モズの早贄写真 ( ネズミ ) は、フォト蔵 『 野にあるものは 野にあるままに 』 コーナーの最初にも使わせて頂いております。 その際の獲物はネズミでした。 まぁ 獲物が ネズミ や トカゲ である事は稀で、通常はアマガエルだったり バッタ だったり … そんな写真ばかりなのですが … 今度は ( 一度くらいは ) 早贄を作っているところ、とか、食べているところなんか、撮ってみたくなるってもんでしょ!  ^^

と言う訳で … モズ君の大活躍を ご覧ください。

 モズ ( 速贄 = トカゲ )

 モズ ( 速贄 = トカゲ )


【 館主敬白 】 モズの早贄行動については、どうしてそんな事をするのか 諸説ある、と言うか、世の中に Selfish Gene ( 自己中な遺伝子論 ) みたいな統一理論はまだ出現しておらず … 現状、モズに聞かないと分からない? モズの勝手でしょ! 的状態なのであります。 それを 『 諸説ある 』 という表現で お茶を濁してるんですね。

で、そこに一石投じてみよう! みたいな野望は さらさら 無いのでありますが、せっかくの良い機会 ( 人生初 ) でしたので、今回 眺めさせて頂いた所感などを少々。

まず … モズ君が軒下で バタバタ しているのに気付いたのは撮影前日の夕方でした。 翌日も しつこく 何やら やっているのでレンズを向けてみる気になったのです。 つまり、最初に見かけた時 ( 前日 ) すでに早贄行動に入っていたのかどうか 正確には不明なのですが、今回は2日間かけての早贄行動だったのではないか、と、私は思っています。

獲物のトカゲは体長 20cm 以上。 モズの体長より あきらかに長い個体でした。 これを食べやすい大きさに引き裂くため、モズはトカゲの頭部を南天の木に引っ掛け、体全体で踏ん張って引きちぎっていました。 タカなど大型種が獲物を足で押さえつけ、くちばしで食いちぎっている映像をテレビなどで良く見かけますが、体の小さいモズにとっては このほうが やりやすいのだと思いました。

つまり、獲物を刺し留める という行為は、今回目撃した場面に限定すれば 『 そこに置いておく 』 為のものでは無く、『 引きちぎりやすくする為に固定する 』 もののように見えますし、もう少し対象範囲を拡げて バッタやアマガエルの場合を考えてみても、同様の事が言えそうな気がしました。  ただし、早贄の最大の疑問、どうして そこに 置き去りにしてしまうのか、という点に関しては、何の解決には至っておりませんが。

それから、もう少しトカゲと分かる写真を撮っておき、その際 長さも測っておきたかったのですが、モズ君の食事の邪魔をしたくなかったので控えていた ( 頭蓋骨や背骨は遺ると思っていた ) ら、モズ君、獲物の頭や背骨の 太く大きな部分まで完食してしまい、木の根元にも何も残っておらず、今は南天の花のつぼみと葉っぱだけが何事も無かったかのように風に揺れている状態になってしまいました。 ま、仕方ないですね。

また、この間、モズは何度も何処かに行ってしまい、しばらくして また戻って来るという行動を繰り返していました。 小分けした餌を雛に持って行ってるのかも、とも 思いましたが、巣に出入りしている様子は見られませんでしたので、どこかで一休みしていたのではないかと思います。 また、撮影中、メスが現れる事は無く、189コマ、約2時間半の撮影中、やってきたのは いつも オスばかりでした。

まぁ、休日、ゆっくり起きて来て コーヒーを飲みながらテレビを見ていたら たまたま 目撃しちまった、と言うだけの事です。 モズ君が何処かに行ってしまうと、また テレビを見てました。 カーテン越しに見かけると 再度 撮影に戻ったというだけ、ファインダーにしがみついてた とか、そんな事ではありません。 ラッキーではありましたが、自慢出来るような事を何かしたつもりはないです。 とりあえず こんなところでしょうか。 思い付いたら また 書き足します。 ^^


【 続きを読む 】

娘と行きたい! 道頓堀 ( 成増 = ラーメン )  東京都板橋区


前回、『 道頓堀 と並んで 娘と行きたい店の双璧をなす やまだ食堂 』 などと書いておきながら、道頓堀 、放ったらかしにするわけにはいかないよねー 。 ^^ ;

やまだ食堂も いっつも混んでるお店ですが 道頓堀はもっと混んでます。 っつうか、2度に1度は満席です。 店内の、2階に続く階段に 立ち待ちのお客さんのスペースがあるのですが、そこにも入りきらず、寒風の路上に行列が出来ている事も多いです。 ほんの近くなので 並んでまで入ろうとは思ってません。 まずは道頓堀に向かい ガラス窓から覗き込み、座れそうだったら入ります。 無理だったらやまだ食堂に向かう。 ほぼ そんなパターンです。

それでもダメな時があって … そういう時は …  すんません、食べログ に近所の店を書き散らしております。 また、道頓堀の料理などについても 食べログに記載 させて頂いておりますので、よろしければ そちらをご覧下さい。


   ☆       ☆       ☆       ☆       ☆


やまだ食堂 のページにも書かせて頂きましたが、娘と行きたい店の双璧をなす 道頓堀 。 呑ん兵衛で大食いで、父の財布に全く遠慮の無い … こんな娘に誰が育てたんだぁぁぁ~ みたいな、親の顔が見てみたい娘と出かけるにはピッタシの店なのですが 困った問題が。 夜8時頃には お店が閉まってしまうのであります。 表の看板に 『 スープがなくなり次第 』 と書いてあるのですが、そのとおりなんですね。

娘は 足立区の梅島に住んでおり、会社も日本橋で … 平日、仕事を終えて、成増くんだりまで繰り出して一杯呑るには ちょっと時間が足りないのであります。 だから土曜日なんかに呼び出すしかないのでありますね。

やまだ食堂にはまだ行けてないのですが、道頓堀には3月5日、娘と行って来ました。 付き合ってくれてありがとう! ^^


   ☆       ☆       ☆       ☆       ☆


それでは恒例、道頓堀の美味しい料理写真、並べておきますね。   ≫ 道頓堀 関連画像一覧

中華そば / 特製中華そば / チャーシュー麺 / つけ麺 / 特製つけ麺 / 塩らあめん
お通し / 牛すじ煮 / おつまみチャーシュー / 焼き餃子 / 水餃子
温野菜 / 熱燗 + お通し / 外観 / 看板 / お品書き

 道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) 中華そば  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) 特製中華そば  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) チャーシュー麺  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) つけ麺  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) 特製つけ麺  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) 塩ラーメン
 道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) お通し  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) 牛すじ煮  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) おつまみチャーシュー  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) 焼き餃子  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) 水餃子
 道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) 温野菜  with M  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) 熱燗 + お通し  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) 外観  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) 看板  道頓堀 ( 成増 = ラーメン ) お品書き


娘と行きたい! やまだや ( 成増 = やまだ食堂 )  東京都板橋区


 成増駅 昭和23年 ( 東武東上線 = 東京都板橋区 )  成増駅 昭和23年 ( 東武東上線 = 東京都板橋区 )  成増駅 昭和32年 ( 東武東上線 = 東京都板橋区 )  成増駅 昭和46年 ( 東武東上線 = 東京都板橋区 )

やまだや ( 通称 やまだ食堂 ) は成増駅前にある食堂です。 成増で娘と行くなら道頓堀やまだ食堂 しか考えられませんっ! やまだやさん の ページを拝見すると、昭和元年創業。 現在 四代目なのだとか。 いま、私が大いにはまってるお店です。 ただ、料理については 既に 食べログに記載 させて頂いておりますので、よろしければ そちらをご覧下さい。 今回は お店に飾ってある成増駅の写真について。

一番左、セピア色のがやまだ食堂に飾られている写真です。 お店のお母さんの話では 昭和23年のものだそうです。 その隣 は たぶん同じもの。 新聞?売ってるお嬢さん、駅員さん、蒸気機関車に見入ってる子供たち、町の人たち。 客車の中にも人を見かけます。 写真としては こちらの方が分かり易いかもしれません。 3枚目は 昭和32年、右端は46年のものですが、お店にあるのは左端の1点のみ、他の3点は参考のため Web から拾ってきて並べてみました。

   ( 写真をクリックして頂くと、ちょっぴ 拡大して見て頂けます。 )



 成増駅周辺 ( 航空写真 = ねりまっぷ ) 昭和22年

ねりまっぷ に昭和22年の航空写真がありましたので参考にさせて頂きます。 上記 お母さんによりますと、昔の成増駅は 現在の駅の位置にあったのではなく、いわゆる 成増スキップ村の突き当りの辺りにあったのだとか。 つまり、当時のスキップ村 … あ、その頃は スキップ村 なんて言わなかったと思うのですが …  この通りは 成増の駅前商店街で、やまだ食堂はその真ん前にあったんですね。 駅の改札口は南側にしか ( 跨線橋など ) なく 、北側の田園地帯へは お店裏手の踏切を渡って行ったのだと、現在の南口は畑だったのだと ( お母さんが ) おっしゃってました。 ^^

写真を見ると すずらん通り と その裏通りらしきものは見えますが、現在の駅北口はともかく、畑だったという 南口のロータリーや、川越街道へ通じるバス道すら、ここなんだろーなぁ、と、想像する事しか出来ません。

成増駅が今の場所に移ったのは 昭和42年、つまり 初回の東京オリンピックより後の事だったそうですので、上記写真右端、46年のもの は 移設したばかりの成増駅前風景のようです。 拡大すると、タクシーの向こう側に 南口 と言うよりは 東口 とも読めるプレートが見えますが … という事は … この時は北口が出来ていたのでしょうか。

ちなみに、昭和38年の ねりまっぷ を拡大すると、跨線橋らしき構造物は確認できるのですが、これは単に線路の向こう側にあるプラットホームに渡るためだけのものらしく、北口らしきものは見当たりませんでした。


   ご参考までに。

   ≫ ねりまっぷ 昭和22年     ≫ ねりまっぷ 昭和38年
   ≫ なります商店街
   ≫ 兎月園


   ☆       ☆       ☆       ☆       ☆


道頓堀 と並んで 娘と行きたい店の双璧をなす やまだ食堂 。 呑ん兵衛で大食いで、父の財布に全く遠慮の無い … こんな娘に誰が育てたんだぁぁぁ~ みたいな、親の顔が見てみたい娘と出かけるにはピッタシの店なのですが、困った問題が2つ。 定休が土曜日なのと、夜9時には お店が閉まってしまうのです。 9時というのは ラスト・オーダーが9時 とかいうのではなく、本当に9時には閉めてしまう って事です。

   ( 常連のお客さんで、9時に暖簾をしまう係の方もいらっしゃいます。 ^^ )

彼女、足立区の梅島に住んでおり、会社も日本橋で … 平日、仕事を終えて、成増くんだりまで繰り出して一杯呑るには ちょっと時間が足りないのであります。 んで土曜日は休みなので、誘うなら日曜の昼呑みしかないのであります。 日曜の夜遅くまで付き合わせるのは可哀そうれしょ。

まぁ、この店での昼呑みはふつーに見かける光景ですし、おかげさまで終日通し営業なので 出来ない事は無いのですが、日曜日の昼呑みのために わざわざ 千住の先から呼び出す? それって あり?  ^^;

金曜だけでも 夜10時までやってもらいたいところですが、 昭和元年から、9時までだったんだろーなぁ。


   ☆       ☆       ☆       ☆       ☆


なんか、やまだや と言うよりは 成増駅前今昔 みたいな話になっちゃいましたが … いつも お世話になっている事だし、やまだ食堂の美味しい料理写真だけ並べておきますね。   ≫ やまだや関連画像一覧

カツ丼 / 親子丼 / 豚角煮 / 生姜焼き / 串カツ / カツ煮
ミックス・フライ / 鴨鍋 / 照り焼きチキン / 肉ピーマン炒め / イカフライ / カツカレー
メンチカツ・コロッケ / 皿うどん / あさりバター / 茄子煮 / オムレツ / 厚焼き玉子
イサキ ( 刺身 ) / タコぶつ / 野菜サラダ / 茗荷玉子とじ / モツ煮 / かぼちゃ煮
じゃがいも煮 / ブロッコリー・サラダ / 肉じゃが / きんぴらごぼう / ひじき / 切り干し大根
ぬか漬け盛り合わせ
キムチ / 豆腐 / 白菜漬け / 切り干し大根 / だいこん葉浅さ漬け / きゃらぶき
納豆 / たくあん / たくあん古漬け / わかめ味噌汁 / 大根・揚げ味噌汁 / お品書き

 カツ丼 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/24  親子丼 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/05  角煮 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/31  生姜焼き やまだや  ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/17  串カツ やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/08  カツ煮 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 )
 ミックス・フライ やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/15  鴨鍋 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 )  照り焼きチキン やまだや ( 成増 = やまだ食堂 )  肉ピーマン炒め やまだや ( 成増 = やまだ食堂 )  イカフライ やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/05/07  カツカレー やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/28
 メンチカツ・コロッケ やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/21  皿うどん やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/21  あさりバター やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/08  茄子煮 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/05  オムレツ やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/27  厚焼き玉子 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/15
 イサキ ( 刺身 ) やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/28  タコぶつ やまだや ( 成増 = やまだ食堂 )  野菜サラダ やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/21  みょうが玉子とじ やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/17  モツ煮 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/05  かぼちゃ煮 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/31
 煮じゃが やまだや ( 成増 = やまだ食堂 )  ブロッコリー・サラダ やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/27  肉じゃが やまだや ( 成増 = やまだ食堂 )  きんぴらごぼう やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/24  ひじき やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/05/07  切り干し大根 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/05/07
 ぬか漬け盛り合わせ やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/24
 キムチ やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/31  豆腐 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/31  白菜漬け やまだや ( 成増 = やまだ食堂 )  切り干し大根 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/31  だいこん葉 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 )  きゃらぶき やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/17
 納豆 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 )  たくあん やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/24  たくあん古漬け やまだや ( 成増 = やまだ食堂 )  味噌汁 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/24  味噌汁 やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/03/31  お品書き やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) 2016/04/28


晩酌セット  夏の涼


 晩酌セット


この炭酸水が逸品なのであります。 能書きを読むと …

水 ( 鉱水
二酸化炭素

採水地 : 福岡県福岡市西区周船寺


ペリエ とまではいきませんが、充分代用が務まります。

冬は焼酎のお湯割りに梅干を入れていたのですが、夏は水割りにポッカレモンだったのです。 それが 一気に華やいだ晩酌に変身しちまいました。 やったね! ^^


04/10 、追記します。  チューブ入りの 生わさび 、冷蔵庫に余ってたら 試しに 梅の 2 ~ 3割程度入れてみて下さい。

ワサビは( 本当は )濁らせないために本物の搾り汁が、梅干は潰してないものも見栄えのために欲しいです。 さらに凝れば 氷はクラッシュしたもの、浅い三角形のカクテル・グラス?

まぁ、うまくいくかどうか分かりませんが、商品になる お味 のような気がします。 名前募集! お試しあれ!  ^^;


蓬が嶋 ( よもがしま )  とらや


蓬莱山 ( ほうらいさん ) 、子持饅頭 ( こもちまんじゅう ) のほうが通りがいいかもしれません。 画像検索すると、色々出て来て楽しいかも 。 ここまでやるか! みたいなのまであります。 御祝い事の際の お茶菓子 です。 写真、上段2枚は 『 とらや 』 謹製。 友人 A さんが撮ったものを 別の友人 J さんが送ってくれました。 めっちゃ 高価なお饅頭です。

下段2枚は根津の 『 笹屋 』 謹製。 上記 写真を送ってくれた J さんが、4年前、2012年の1月に買って来てくれたものを 私が撮りました。 江戸千家宗家の初釜用に作られたものと説明を受けたように記憶しております。 笹屋と江戸千家、ご近所ですもんね。 ちなみに このお皿、華道家であり、茶道家、陶芸家でもある 會田恒正 さんの作品を使わせて頂いております。

笹屋の和菓子はどれも素晴らしく、とくに季節ごとの煉り切りは見事で … 紅葉なんか、日々 色合いが深まっていくので 毎日 通いたくなっちゃうのです。 最近はさっぱりですが、当時は時折出掛けて買い求め、撮影しておりました。 おかげで和菓子に少し詳しくなりました。 地下鉄を乗り継いで、少々歩いて … 辿り着くには 今の住所から1時間かかるのですが、また、再開できる日を設けたいものです。

 蓬が嶋 ( よもがしま ) とらや

 蓬が嶋 ( よもがしま ) とらや


蓬莱山 ( ほうらいさん )  笹屋

 薯蕷饅頭 ( 蓬莱山 ) 笹屋

 薯蕷饅頭 ( 蓬莱山 ) 笹屋