スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海老カラ


さて、今宵は Jns 店。 最近取り上げた2店舗と同じくらいお世話になっているのに、グラスワインだけで評価を下げたままなのは申し訳ないです。 人間だって、長所短所を併せ持つでしょ。 その評価基準だって 人それぞれ、絶対値ではありません。 例えば ワインだって、 これを美味しいという方がいるから、お店ではこれを選んでいるのでしょう。

もう鬼籍の人となってしまいましたが、 私の父などは 私がワインを飲んでいると 決まってグラスに手をだし …
「 ケッ! こんな渋いもん、体に良くねぇぞ! 」  と言いながら、赤玉ポートワイン を楽しんでました。 立派でした。
赤玉ポートワイン、名前は変わりましたが 味は変わらず、まだ現役です。 日本が誇るグローバル企業のれっきとした商品ですので、自己責任で購入されてみてはいかがでしょうか?   ≫ 赤玉ポートワイン 松島栄美子のポスター

ただいま Jns のお薦めは、 何と言っても これ! 『 海老カラ 』 です。 海老の殻 ( カラ ) まで食べられるよう調理した唐 ( カラ ) 揚げ、 なので 『 海老カラ 』 。 ¥250 均一の おつまみメニューから ちょっと外れた価格になってしまったところが 何とも残念ですが、 豪快に頭からバリバリ頂いていると …  ま、仕方ないかもね、と思わせてしまう 逸品です。 レモンを たぁ ~ っぷり 絞って お召し上がり下さい。

 海老カラ

画像をいじってる時から、なんか垢抜けてるよねぇー って思ってたのですが、フォト蔵にアップしてて納得! いつもは携帯で撮ってるのに、この時は コンデジでした。 カメラからPCヘ、まとめて取り込んでいるので気付かなかった。

私の携帯、ドコモの規格が ムーバ から フォーマ に移行した際、お店から タダ でもらったやつで、ま、たぶん型落ちか何かだと思っているのです ( 私にはそれで充分なのです ) が …  こいつ、なかなかスグレモノで、土砂降りの雨にもめげないし、単身者にTVは見せてくれるし、電池は持つし 落としても壊れないし、 いい事ずくめなのですが、それに加えてカメラが優秀なのであります。 画素数なんか、私のメインの一眼より多いですっ!

で、結局その簡便さから、こればっか使っているのですが … やっぱ、高感度と WB = ホワイト・バランス は それなりなのかなぁ。 あと、フォーカス・ロック が出来ないのは、こうした場面ではつらいかも。 こちらも5年ほど前のコンデジなのですが、 やはりカメラだけの事はあるかもです。 ちょっと 見直しました。   ヨシ ヨシ


スポンサーサイト

コメント欄 完成! ( ついでに その他も作っちゃいました。 )


2年半前、作ったばかりの このブログに 『 コメント 』 を頂いたのでした。 ところが、まだその頃はコメント入力欄が無く … 本当は、入力欄作成のスキルが無く … せっかく頂いたコメントに返事が出来ない状態が続いていたのでした。

そして昨日、やっと コメント入力欄完成! ついでに その他、気になってる部分も でっち上げ 、教科書は とにかく最後まで2回通読。 あぁ、おかげさまで 何とか返信する事が出来たのであります。   メデタシ  m e d e t a s h i

っても、コメントを頂いた 『 おすもう 』 さま、 もうすっかり忘ちゃってるんだろうなぁ。 ごめんなさい。   m(_"_)m


次なる課題は  【 続きを読む 】  なのですが、 これからは教科書もありません。 今度は何年かかる?

         (^^

【 続きを読む 】

鳥カラ丼 ( テーブルワインで お店の良心が分かる。 )


幼少の頃の息子は 『 鶏の唐揚げ 』 が大好きでした。 親としては、たまには 違うものを食べさせてあげたいと思うのですが …   「 ボク、鳥のからあげ! 」   べつに いいけどね、 食べたいもの食べれば。

彼も20才を過ぎ、少しは進化したかと眺めているのですが、 「 俺、ラーメン。 」   ちっとも変ってねぇじゃん。

ところが世の中には さらに上を行く方がいて、30過ぎても 40越しても まだ 「 鳥のからあげ! 」 な方が 私の周りにも何人もいらっしゃるのであります。   ‥;        まぁ、 私だって嫌いではないですよ。

息子よ、キミ は ( チョッピ ) 進化してるかも。 

 鳥カラ丼


で、今回は Dns 店。 もちろん ファミレスだけで食事をしているわけではないですが、 敢えて ファミレス のみ 取り上げれば、私の中のシェアは Gst 4割、Dns 2割、その他 4割 といったところでしょうか。 これは、生活の中で立ち寄るのに都合がいいかどうかが最大の要因なのですが、 意識の外で Gst が割安感、お得感を楽しんでいるのに対し、Dns では贅沢感、豪華さを楽しんでいる? といったところもあると思っています。 昔、大手牛丼チェーン店が 不毛な価格競争で外食産業の話題を独占していた時も、Dns だけは ブレ ずに、そのラグジュアリー路線を貫いていました。 安いけど 美味しい訳ではない、というのではなく、 実際、何を食べても 味わい深く、競合他店とは ひと味違うように感じています。

ただ、アベノミクス とかいう単語を耳にするようになった頃から、メニューを一新し、見た目をさらに豪華にし、実質的な値上げを 少しも ブレ ずに断行し続けているところは ちょっと困ったもので … 私としては贅沢感より割高感のほうが強くなってきてしまいました。 以前の、もう少しシンプルで低価格のメニューも 再開して頂きたいです。 それでも充分美味しいんだから。   まぁ、この傾向は他店も同様で、 Gst だって写真を撮りたくなるくらい 見た目は良くなりましたが、 結構 割高なメニューになっちゃいましたよねー。  ¥99 のワインはクリーンヒット! ですが。

という訳で、話題はワインへと移ります。 Dns のワインは美味しいです。 他店とは別格の、本物の味がします。 試しに白も注文してみましたが、( 白の味ではありますが ) ハズレではありませんでした。 さらには、このお店のワインは 量も多いように感じるのです。 飲み応え感から そう思うだけかもしれません。 例え量が違っても、たぶんその差は微々たるものだと思います。 だとしても そう思わせるワインだって事ですよね。   ¥181 。

Dns のワインはお薦めです。 という言い方ではなく、いろんなお店のテーブル ( グラス ) ワインを試して頂きたいです。 初めての テイスティング ごっこ 、テーブルワインのリファレンスとして、Dns のワインはお薦めです。 こんな感じかな。
フランス料理店、イタリア料理専門店に行く際も、基本的には私はテーブルワインを楽しんでいます。 本物のプロの選択です。 味わいの中にお店の良心も分かりますよ。 下から2番目くらいの価格のボトル ( 3,000 ~ ¥5,000 ) を頼んでみたけれど、テーブルワインの方が ずっと良かった、みたいな 切ない経験 を 私は何度もしているのであります。

 赤ワイン ( 鳥カラ丼 )

 白ワイン ( 鳥カラ丼 )




アボカド三昧 ( アボガド祭り )


単身赴任を10年もやっていると、ついつい 昨今の食堂事情に詳しくなってしまう訳で … 居酒屋評論家 とか ファミレス通とかいう 思いもしなかった あまり嬉しくない言い方で呼ばれてしまう事も度々なわけで …

ただ、お店の常連になると アルバイトのお嬢さんたちに 覚えてもらったりして、何かと都合がいい事もあるのであります。 広い席に案内してもらったりするしね。 某 Gst 店。 先日などは食事中に いきなり土砂降りの雨。 そしたら 会計時に 「 傘、差し上げますから持ってって下さい。 」   ほら、ね。   ^^

知り合いの女の子に、「 こないだ Gst に入ったら、傘持ってけって 出してくれるんだよぅ。 あの娘、絶対 俺に気があると思う! 」     …     「 よだっとさん、お幸せですね! 」

という訳で、只今 Gst では アボカド三昧 やってます。 アボカド、きっと品質と価格と量の安定供給が確立したのでしょう。 東南アジア か オーストラリア、アメリカ? バナナ同様 日持ちするのも輸入品には好都合ですよね。 最近の居酒屋やファミレスでも、さかんに使われてます。 たぶんスーパーの価格も安値安定してるんだろうなぁ。 とにもかくにも、アボカド好きには嬉しい事なのであります。

 アボカド祭り


 アボカド祭り

グラスワイン、¥99。 ( 税抜き )
このメニューは気が付かなかったので、最近追加されたんだと思います。 嬉しい価格設定。 この値段は Szy 店と並んで、価格 .com の上位にランクされるはずですが、Gst のほうがグラスは大きいです。 したがって、量も多いんじゃないかな、 たぶん。

で、テイストという事になるんだけど … Szy は フルボディー系なのに対し、こちらはミディアム系。 あとは もう個人のお好みの問題でしょ。 私は基本的にフルボディー人間なのですが、Szy のは ただ 渋くて酸っぱく 重いだけって感じで、 辛口だっていうから頼んだら 三千盛が出て来たって感じかなぁ。 二者択一を迫られたら、私は迷わず Gst にします。
   ゴリゴリ   胡麻すり

グラスワイン (赤) で気を付けなければいけないのは Jns 店で … 値段が高い事もあるのですが、ライト系というよりは 甘ったるくて、ちょっと私には無理。 Jns では白ワインか、赤なら葡萄ジュースをお薦めしております。

ま、いずれにせよ格安チェーン店での話なので、一々目くじら立てるのではなく、テイスティングの真似事だと思って色々試してみるのが楽しいかもです。 値段が高いと言っても 一杯 ¥190 で極く標準的。 Gst や Szy が特別リーズナブルなのであります。

さらに。  二枚目の写真、一見 ブロッコリーが入っている? ように見えますが、そうではなく ジェノヴェーゼ・ペースト風ドレッシングなのでした。 メニューに バジリコ醤油 とあるので 大筋ではジェノヴェーゼなのでしょうが、予算的に松の実とかを省略し、魚醤を醤油で代用したので 『 ジェノヴェーゼ 』 名が使えなかったのかな。 でもこれ、目新しくて 美味しかったです。 これがあるならマヨネーズ ( 好きですけど! ) は余計かも? お皿の隅に盛っておくとか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。