モズ ( 早贄 = はやにえ = トカゲ )


ご無沙汰です。 広告表示が出てから1ヶ月以上が過ぎてるんだと思います。 それって、2ヶ月以上更新してなかったって事? ^^;  音楽館 に手間取っていて、写真館食べログ に手が付けられないでおりました。 この時期のコンサートは夏休みの趣向が盛り沢山で、1件処理するのに 通常の数倍かかったりするのです。 やっと一段落し、今、これを書ける状態になってまいりました。 ログを見ると、その間も ほぼ毎日 ご来館頂いているみたいで、本当に恐縮の限りです。 感謝致します。  m(_"_)m

昨年、我が家の梅の木にモズが巣をかけた事をお伝えしたのですが、覚えていらっしゃるでしょうか。 そのモズが 今も目の前で せわしなく梅の木に出入りしております。 きっと 今年も雛が育っているのだと思いますが、あまり騒いで育児放棄でもされると後味が悪いので、今年は覗き込むのは控えました。 そしたらモズ君、感謝の気持ちを 大家である私と 管理人であるウチの奥さんに伝えたかったらしく、素晴らしいスペクタクルを見せてくれたのです。

オスが やたらと軒下に舞い降り バタバタ やっているのが、2重サッシとレースのカーテン越しに見えるのです。 何事かと思って見ていると、どうやら地蜘蛛の巣をつついて 卵か子蜘蛛を食べている? 様子 … 慌ててレンズを向けると …

なな、なんと!  軒下の南天の木にトカゲを引っ掛けて 食べているではないですか!

モズの早贄写真 ( ネズミ ) は、フォト蔵 『 野にあるものは 野にあるままに 』 コーナーの最初にも使わせて頂いております。 その際の獲物はネズミでした。 まぁ 獲物が ネズミ や トカゲ である事は稀で、通常はアマガエルだったり バッタ だったり … そんな写真ばかりなのですが … 今度は ( 一度くらいは ) 早贄を作っているところ、とか、食べているところなんか、撮ってみたくなるってもんでしょ!  ^^

と言う訳で … モズ君の大活躍を ご覧ください。

 モズ ( 速贄 = トカゲ )

 モズ ( 速贄 = トカゲ )


【 館主敬白 】 モズの早贄行動については、どうしてそんな事をするのか 諸説ある、と言うか、世の中に Selfish Gene ( 自己中な遺伝子論 ) みたいな統一理論はまだ出現しておらず … 現状、モズに聞かないと分からない? モズの勝手でしょ! 的状態なのであります。 それを 『 諸説ある 』 という表現で お茶を濁してるんですね。

で、そこに一石投じてみよう! みたいな野望は さらさら 無いのでありますが、せっかくの良い機会 ( 人生初 ) でしたので、今回 眺めさせて頂いた所感などを少々。

まず … モズ君が軒下で バタバタ しているのに気付いたのは撮影前日の夕方でした。 翌日も しつこく 何やら やっているのでレンズを向けてみる気になったのです。 つまり、最初に見かけた時 ( 前日 ) すでに早贄行動に入っていたのかどうか 正確には不明なのですが、今回は2日間かけての早贄行動だったのではないか、と、私は思っています。

獲物のトカゲは体長 20cm 以上。 モズの体長より あきらかに長い個体でした。 これを食べやすい大きさに引き裂くため、モズはトカゲの頭部を南天の木に引っ掛け、体全体で踏ん張って引きちぎっていました。 タカなど大型種が獲物を足で押さえつけ、くちばしで食いちぎっている映像をテレビなどで良く見かけますが、体の小さいモズにとっては このほうが やりやすいのだと思いました。

つまり、獲物を刺し留める という行為は、今回目撃した場面に限定すれば 『 そこに置いておく 』 為のものでは無く、『 引きちぎりやすくする為に固定する 』 もののように見えますし、もう少し対象範囲を拡げて バッタやアマガエルの場合を考えてみても、同様の事が言えそうな気がしました。  ただし、早贄の最大の疑問、どうして そこに 置き去りにしてしまうのか、という点に関しては、何の解決には至っておりませんが。

それから、もう少しトカゲと分かる写真を撮っておき、その際 長さも測っておきたかったのですが、モズ君の食事の邪魔をしたくなかったので控えていた ( 頭蓋骨や背骨は遺ると思っていた ) ら、モズ君、獲物の頭や背骨の 太く大きな部分まで完食してしまい、木の根元にも何も残っておらず、今は南天の花のつぼみと葉っぱだけが何事も無かったかのように風に揺れている状態になってしまいました。 ま、仕方ないですね。

また、この間、モズは何度も何処かに行ってしまい、しばらくして また戻って来るという行動を繰り返していました。 小分けした餌を雛に持って行ってるのかも、とも 思いましたが、巣に出入りしている様子は見られませんでしたので、どこかで一休みしていたのではないかと思います。 また、撮影中、メスが現れる事は無く、189コマ、約2時間半の撮影中、やってきたのは いつも オスばかりでした。

まぁ、休日、ゆっくり起きて来て コーヒーを飲みながらテレビを見ていたら たまたま 目撃しちまった、と言うだけの事です。 モズ君が何処かに行ってしまうと、また テレビを見てました。 カーテン越しに見かけると 再度 撮影に戻ったというだけ、ファインダーにしがみついてた とか、そんな事ではありません。 ラッキーではありましたが、自慢出来るような事を何かしたつもりはないです。 とりあえず こんなところでしょうか。 思い付いたら また 書き足します。 ^^


【 続きを読む 】