スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉瀬弥恵子 ヴィオラ奏者   えびフライ日記

ヴィオラ奏者 吉瀬弥恵子さん その2 記事はこちらから。

音楽館を通してさんという方を知りました。 ( よしせやえこ さん。 きちせやえこ さんではありません。 )
なんか、すごい経歴を持つヴィオラ奏者なのですが … いつもどおり 私にとってそんな事はどうでも良く …

ヴィオラ奏者 吉瀬弥恵子 よしせやえこ ( きちせやえこ ? )

 吉瀬弥恵子 よしせやえこ ヴィオラ奏者 ( きちせやえこ ? )

吉瀬さんの 『 えびフライ日記 』 と称するそのブログ、彼女は弦楽器を扱う コツ から演奏の心構えまで、1年365日、嵐の日も呑み会の日も、毎日毎日休まずに ワンポイント・アドバイスをコツコツと書き綴っているのです。 分かりやすいようにイラストや写真、可愛い顔文字も入ってます。 それを2010年の8月から ずーっと。

   (*^-゚ )  とか  ( ゚∀゚ )ノ  とか  (^ー^* )  とか …

西暦を4で割って、割り切れる年はオリンピックの年です。 おっと … オリンピックの年でもあるのですが、『 うるう年 』 でもあって、2月は29日あるんですね。
で、 えびフライ日記 の 『 月間アーカイブ 』 を見ると、確かに 2012/02 (29) となっていたりして、これはもう、本当にすごいです。 恐れ入りました。

クラシックの方って粘り強いですよね。 息子のお母さまなども 一応そうした学校を優秀な成績でご卒業されていて、結婚当初など 毎日 生演奏が聴けるかと楽しみにしていたのですが … ところが … 朝から晩まで 終日同じパッセージを繰り返したりしているのです。 勘弁してほしいです。 これが ベルリンフィルの 『 運命 』 だったとしても、冒頭の n ジャジャジャ・ジャーン だけを朝からやられたら、工事現場の掘削機の ドドドッ …  と変わらないです。 音楽館のアクセスログを見ていても、普通2~3ページまでと言われている検索ページ閲覧数なのですが、10ページも20ページも追いかけ続けて来館するお客様がいたりして 頭が下がります。 よくぞここまで。 足代と手間賃をお支払いしたいくらいです。 クラシックの方は粘り強いです。

というわけで、クラシックなど、ましてや弦楽器など ド素人の私にとって、『 えびフライ日記 』 は ネタ帳 として手放せないものになりました。  へぇー、演奏家ってこんな事考え、こんな事してるんだぁ。 毎日アクセス。 毎日閲覧。 こんな感じです。
吉瀬さまにも連絡を取り、引用の許可を頂きましたので、『 わかる! オペラ情報館 』 同様、大いに活用させて頂こうと思っております。 吉瀬さん、悪意は無くとも ( イタズラ心で ) 意図的誇張、改ざんもあるかもしれません。 そこんとこも含め、末永くお付き合いのほど よろしくお願い申し上げます。 どうせ すぐにあちら側に逝ってしまいますから。

   ≫ サムネイルですが、こちらイッキ読み も出来ます。

それにしても、どうして  🍤 えびフライ  なのかが分かりません。 目下、最大の課題です。


練馬中野江古田東京   音楽教室 ( バイオリンビオラ )   ワイズ ( Y's ) 音楽教室


参考   ≫ ヴィオラ奏者の吉瀬さんのブログです。  プロの作曲/DTM講座・東京(Skype対応)
      ≫ PACオーケストラ / リサイタルシリーズ  ~メンバーの素顔に迫る!  エンターテイメント日誌



さんの以前のコンサート情報を見かけました。


PACオーケストラ / リサイタルシリーズ   2009年02月26日 14:00
兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院 小ホール

ヒンデミット   : ヴィオラ・ソナタ
ミヨー       : 4人の顔
エネスコ      : 演奏会用小品
シューマン    : 「おとぎの絵本」より第4曲

  : ヴィオラ
西村 裕美子   : ピアノ

 PACオーケストラ リサイタルシリーズ 吉瀬弥恵子 よしせやえこ ヴィオラ奏者 ヴィオリスト

 PACオーケストラ リサイタルシリーズ 吉瀬弥恵子 よしせやえこ ヴィオラ奏者 ヴィオリスト




室内楽演奏会 Vol.6   2011年11月06日 14:00   東京オペラシティ・リサイタルホール

フォーレ     ピアノ三重奏ニ短調Op.120
ブラームス   ピアノ四重奏第2番イ長調Op.26
シューベルト  ピアノ五重奏イ長調D.667 Op.114 『 鱒 』

遠藤 百合     ヴァイオリン
江副 麻琴     ヴァイオリン
   ヴィオラ
朝吹 元      チェロ
中津浜 麻美   コントラバス
丹 千尋      ピアノ

 室内楽演奏会 Vol.6  ヴィオラ奏者 吉瀬弥恵子

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。