スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤフー ( Yahoo! ) 検索エンジン は過去のもの?


私が ウェブサイトの広報宣伝に関わりだして、そろそろ10年になります。 当時は SEO などという言葉の知名度はほとんど無く、私も知りませんでした。 それどころか、「 ブログって、Web Log の略なんだよ。 」 なぁーんて言ってた時代です。 担当サイトのランキングの目安は、Alexa で調べておりました。 ブラウザに Alexa Toolbar をインストールしておくと、閲覧したサイトの情報が Alexa に自動送信され 集計結果が表示されるという、スパイウェアもどきの仕組みを利用したものでした。 Alexa Toolbar なんて、日本ではほとんど無名の存在でしたが、これに頼るのが一般的で、自分では 「 イマイチ 」 と思っていても、同僚や上司、お客様を納得させるには 最強のデータでした。

なぜ こんな話を持ち出すのかと言うと、Yahoo! の検索エンジン の話は その頃のものだからです。

過去、確かに Yahoo! の検索エンジン というものが存在し、当時は日本で最大の利用者数を誇っていました。 Google のように ロボットがウェブ上を徘徊して情報を集めて来るのではなく、ディレクトリ型と言って、各サイトの担当者が Yahoo! に自分のサイトを登録し、それを Yahoo! の担当者が目視で確認して登録 ( インデックス ) する、というシステムでした。 私も担当のサイトを登録したのを、懐かしく思い出します。

( このシステムは、EC サイト用に現在でも残っています。 登録料に5万円 ( + 税 ) かかりますが、健在です。 商用サイト関係の方は必須です。 )

ところが、2010年に Yahoo! は Google と提携し、以降、Google の検索結果を利用するようになってしまいました。 それまで SEO 担当者は Yahoo! と Google 、2つの検索エンジンに対応策を立てねばなりませんでしたが、それ以来、主に Google だけを見ていればよくなったのです。 というわけで、現在 Yahoo! の検索エンジン は使われておりません。 博物館級の骨董品です。 ( ただし、 Yahoo! では 密かに まだメインテナンスを続けているかもしれない、なぁ~んて事も 頭の片隅に入れておいた方がいいかもしれません。 )

と、まぁ、ここまでは どの本にも書いてある事 ( 書いてなければ、よほど古い本です。 ) なのですが、この話には続きがあります。 つまり …

現在、Yahoo! が Google の検索結果を利用している事は確かですが、その表示は Yahoo! が独自にカスタマイズしたものだ って事です。 そして、このカスタマイズ方法には、過去の Yahoo! 検索エンジンのアルゴリズムが色濃く残っている! ような気がするのは、私ばかりではないようです。

さらには ( ここが重要ですが ) 、現在、日本での検索は、50% が Yahoo! サイトからのもので、直接 Google を利用する人は 40% にすぎません。 これは音楽館のアクセスログを集計しても、ほぼ同様の数値に近づいていきます。 そもそも、我が家の奥さんや娘たちに、いくら 「 Google のほうが便利だよ! 」 と伝え、アドレスバーにキーワードを打ち込んで見せても、実際は Yahoo! を利用しているんだからなぁー ^^;   Yahoo! 畏るべし! なのであります。 ね。

ただし、Google に親しんだ若い人たちが どんどん成長しています。 スマホやタブレットの仕組みも Google に有利です。 徐々にですが、でも じわじわと確実に、Google のシェアが伸びていくのだろうなぁー って事は 想像して頂けますよね。 

お分かり頂けたでしょうか。 Yahoo! の検索エンジン は現在使われておりません。 過去のものです。 では Google だけを見ていればいいかと言うと、そこには落とし穴があるんじゃないかなぁー、と、私は思っています。


もう少し具体的な お話をさせて頂きます。 Yahoo! は、サイトに大量のキーワードが詰め込まれているのが好きでした。 過剰という言葉を知らないかのごとく、溢れんばかりのキーワドに囲まれて うっとりしている、 そんな風情でした。 一方 Google は過剰を嫌います。 違反行為とみなし、ペナルティーまで課す場合があります。 それよりも、多くのユーザーに支持されているか。 文法やサイト構造は正しいか。 価値あるコンテンツが提供されているか。 そんなところを判断基準にしようとしている って感じでした。 そして、その発想が今も引き継がれ、発展していると思います。

キーワードの詰め込み過ぎばかりでなく、Google は とにかく過剰が嫌いみたいです。 やり過ぎると google から警告されます。 警告をいつまでも無視していると、サイトそのものがインデックスから外されてしまう場合もあります。 そうなると、2度と検索結果には表示されません。  ( 中古ドメインを購入する際はご注意下さい。 )

いつだって最優先は お客様に不快感を与えない事ですが … Googl が提供する Webmasters Tools を利用すると、警告を確認する事が出来ます。 『 よだっと音楽館 』 では、ウェブマスター ツールを確認しながら、ペナルティー ぎりぎりのところを探り、Yahoo! と Google の折り合いをつけています。

     *     *     *     *     *

よだっと音楽館 』 のお客様のサイトの宣伝のお手伝いをしています。 その際、お客様に 必要最低限の事は知っていて頂こうと思い、このページを書き始めました。 ここに書いてある内容は、すでに音楽館にて全て実践している事ですので、サイトに来て頂いてご確認いただけます。 ぜひどうぞ。

『 よだっと写真館 』 SEO関連のページへのご質問、コメント等はご遠慮願います。 煩雑になってしまうので、恐縮ですがお返事は控えさせて頂きます。 あくまでも、現在お手伝いさせて頂いている お客様のための メモ書き とさせて下さい。 ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。       ≫ 詳細


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。