世界の果ての通学路


 世界の果ての通学路

冒頭の部分、おばあさんが孫娘に言います。

「 勉強して 賢くなって 人生を切り開くんだ 」

この言葉が、この物語の全てを語っていると思います。 それから、途中で出て来る子供たちの唄 ( なんと 二重唱! ) も最高でした。




『 世界の果ての通学路 』       - ON THE WAY TO SCHOOL -

2012年         製作
2014年4月12日    公開

パスカル・プリッソン                 監督
バーセルミー・フォージェア            プロデューサー
サイモン・ウォーテル                撮影監督
エマニュエル・ギネオ                スチール・音響
ボリス・チャペル / ヴィンセント・コッソン    音響
ヴィンセント・アモワ                 グレーデイング
サラ・アンダーソン / シルヴィ・ラガー      編集
ローラン・フェレル                   作曲
ステファニー・ショーター               製作総指揮

出演   ジャクソン・サイコン
      サロメ・サイコン
      サミュエル・J・エスター
      ガブリエル・J・エスター
      エマニュエル・J・エスター
      ザヒラ・バディ
      ヌーラ・アザガーグ
      ズィネブ・エルカブリ
      カルロス・ヤネズ
      ミカイラ・ヤネズ

土子智美   予告編制作

キノフィルムズ


   ≫ 公式サイト     ≫ フォトギャラリー
   ≫ NHK ONLINE


拡大     ≫ 一覧







「 勉強して 賢くなって 人生を切り開くんだ 」

『 賢くなって 』     … 偉く でも、お金持ち でも、小ざかしく でもなく。

挿入される二重唱が またいいです。 可愛いだけでなく上手いです。 マイクを持って 交互に歌うだけで デュエット とか称している自分のレベルが恥ずかしいです。 そして、何よりも 彼ら、彼女たちのキラキラ輝いている瞳、眩しいよなぁ。

とくに カメラ・ワークのあたりで、ドキュメンタリーとしては ちょっと出来過ぎと感じる ( え゙? ドキュメンタリーで こんな事出来るの? ) 部分が多々ありました。 だとすると、演出の匂いもして来ます。 でもね、そんな事は超越して余りある感動がありました。 この映画は この現実を真摯に受け止める、そういう対象であって、重箱の隅をつつく ためのものでは無いように思います。


関連記事

コメント

非公開コメント