発見! 牛乳の使い方


左手で携帯を持って右手で牛乳を注ぐって、けっこう難しいのであります。 おまけに携帯カメラは かなりのタイム・ラグがあって … ブレブレ写真で申し訳ないのですが、数回試して どれも 似たような出来栄えだったので 諦めました。

   ま、いっか。  ^^;

っつうか、そんな事はどうでもいいのであります。

齢のせいかもしれませんが、牛乳にインスタント・コーヒーを入れて飲む時、とか、 インスタントのカップ・スープを牛乳で作る際、などなど … 牛乳8 : 水2 くらいの割合 ( 水 2 ~ 3割 = お好み ) で 水を加えてやると その方が飲みやすい = 美味しい事に気付きました。 ただむやみに濃ければいいというものでも無さそうです。

あ、ストレートに牛乳を飲む時は そのままの方がいいかもしれません。

 牛乳の使い方

 牛乳の使い方


食べ歩きの記事を 食べログ に移したのは良かったのですが、写真館の更新がままなりません。 ま、それも 個人的にはほとんど どうでもいいのですが、どなたか、毎日来て頂いてるお客様がいるみたいで、恐縮の限りです。

どうもありがとうございます。 更新頑張ります。 m(_"_)m


スマホラーメン   ( 年末の ご挨拶に代えて )


 スマホ・ラーメン


凄げぇ! 具材に スマホ 使ってる! 煮干し風味 、サンマ風味 とか アラ出汁し とか … 色々食べてきたけど こんなのは無かった!

これ 、 『 スマホ味噌 』 太麺で! とかって頼むわけ?

オプション の トッピング?

どこのラーメン屋?

スマホの煮加減と お味は? 支那竹との相性はいい?

   …   ^^;

もちろん私が撮ったんぢゃありません。 性分で 画像の くすみ だけ 多少取り除きましたが、それ以上の加工はしてません。 入院中で、おつむ が 少し温かくなってしまったのかなぁ、 友人とか知人とか 言いたく無いような ヤツ から送られてきた画像です。 たぶん彼も撮ってないと思う。 どこか、ネットに漂ってたんじゃない ?


えー 、 どなたも いらっしゃらない プライベート・サイトで申し訳ないのですが …

とくに 『 よだっと音楽館 』 のお客様。 それから 、それ以外のお客様も 。 今年一年、ご支援 ありがとうございました。 深く感謝致しますと伴に、来る年の皆様のご多幸を 心より お祈り申し上げます。

良いお年をお迎え下さい 。   よだっと 、 館主 拝 。


凄ご技!


最近 気に入った動画から。   ホントは 音楽館にアップしたい!

扇谷泰朋 さん 。 弓は暴れて跳ねまわってるは 左手は滑るは 、そんな事お構いなしです。 しまいには弓が足りなくなって 先っぽの方で シコシコ 足したり … 鳴ってない音もありますよね。 そんな事 関係ない、どうでもいいんでしょう。 豪快だなぁ。 日フィルの定期 に行きたくなってしまいます。 利かん坊 と 優等生、どうやって使い分けてんだろ。

扇谷さんの動画、けっこう沢山見られます。 ぜひどうぞ!





次は、プロ野球ではなく 東フィル のヴィオラ奏者 加藤大輔 さんの演奏 …
じゃなくて、彼のツィッター に載っていたネコの動画。

制作者の加工テクニックに拍手!   ???




アクセスカウンターから、自分のアクセスを除外する。


アクセス・カウンターから、自分のアクセスを除外しない人がいます。

彼 ( 彼女? ) は、毎日せっせと 自分のサイトを訪れ、カウンターの数値を増やすのに努めます。

で、そういうサイトほど、盛り上がっていません。

つまり 彼 ( 彼女? ) は、それしか考えていないからです。
こういうサイトは、もはや 死んでいるのと同じです。
将来、決して盛り上がる事はありません。


カウンターの設定で、自分のアクセスを除外して下さい。
クローラ ( .googlebot.com ) も除外して下さい。
もう一つ、カウンターの値は、 PV ( ページ・ビュー ) ではなく、ユニーク・アクセス数にすべきです。

で … 自分のサイトに、訪問者が誰一人来ない事を直視します。
どうしたら アクセスが増やせるか、考えるのです。
アイデアを、効果が現れるまで絞り出し続けるのです。
( 残念ですが、この作業に終わりはありません。 )

サイドバーに美味しそうな料理写真をスライド・ショーで表示してみるとか、
オセロ・ゲームを貼り付けてみるとか、
時間帯で変化する挨拶文を表示するとか …

ランキングサイト、Ping サイトに登録するとか、
そこで友達を作って盛り上がるとか、
他サイトに足跡を付けて来るとか …

facebook や twitter と連携してみるとか、
フォト蔵や食べログと連携してみるとか …

広範囲のお客様が対象の記事にするとか、
逆に、狭いけれど何処にも無い、レア・ページを作るとか …

お客様に利用価値の高い記事を書くとか、
お客様にとって 使い勝手のいいページを作るとか …

とにかく 何か 考えて考えて、実行してみることです。 行動するのです。

方法が分からなかったら 調べます。
現在 私は、その ほとんど全てを Google 先生に教えてもらってますが、
本も ( 同系統のものを けっこう何冊も ) 買います。

それから、Web 上には、教えたくて うずうず している優秀な方たちが 星の数ほどいらっしゃいます。

優秀ではありませんが、私もその中の一人かもしれません。 ^^;


小諸のパン屋さん 『 スピカ麦の穂 』  


 Spica 麦の穂  ( スピカ 麦の穂 )     ≫ Spica・麦の穂 facebook

喫茶店で開かれたコンサートに行ったのですが、そこに併設されていたパン屋さんのパン、その見事さに感動してしまいました。 手作りだそうです。 画像2枚目、左下の 『 薄皮饅頭 』 風の黄色 ( 茶色? ) いの、シナモン・レーズンが効いていて、なかなか美味でした。

〒382-0801 長野県小諸市甲 4599-5   カフェ烏兎 ( うと ) 内   ☎ 0267-46-8433   ≫ G map

( 画像をクリックすると 拡大して見て頂けます。 )

 スピカ麦の穂 小諸のパン屋さん

 スピカ麦の穂 小諸のパン屋さん

 スピカ麦の穂 小諸のパン屋さん


【 続きを読む 】

ランブルスコ・スクーロ? or ランブルスコ・セッコ?


それにしても、スポンサー広告が表示されるほど放置 ( 1ヶ月以上 ) していた このブログに、カウンターの履歴を見ると、この1ヶ月で お客様のご来館が無かったのは 7/22 だけという … 私は何という果報者なのでしょうか。

ご来館が 1日に1人 という事の方が珍しく、だいたい2人か3人、7/27 などは5人もの方に来て頂いており、恐縮の限りなのですが、そもそも 写真館 は どなたかにアピールするような事もしておらず、自分の記録と HTML などの練習用、奥さんに日々の報告をする場所なのでありまして、どしてこんな事になっているのでしょうか。 応援して頂いているお客様に、深く感謝致します。 あ、でも、決して無理はなさらないようにして下さいね。 お願い致します。

( あ、もちろん自身と Googlebot からのアクセスを除いたユニーク数です。 )


というわけで、慌ててネタを探してみたりするのですが …


先日、近所の食料雑貨店で スパークリング を買ってきました。

お店の添え書きには ランブルスコ・セッコ とあり、これ、私は楽しく飲めて好きなブランドなのですが、口に含んでみると、少し重めで大人のテイスト、誤解を恐れず言わせて頂くと、確かにイタリア・ワインの範疇ではありますが、ナンチャッテ・ボルドー風味なのです。

「 あれ? 」  んで、ラベルを見ると Lambrusco Scuro と表記されています。


 ランブルスコ・スクーロ Lambrusco Scuro
  Lambrusco Scuro  ランブルスコ・スクーロ


「 あれ? 」  お店で、セッコ の隣に置いてあった別のを 間違えて買って来ちゃったのかなぁ。

   んで、裏ラベルで確認すると、

「 あれ? 」  ランブルスコ・セッコ ( Lambrusco Secco ) と書いてあるではないですか。


 ランブルスコ・セッコ Lambrusco Secco
  Lambrusco Secco  ランブルスコ・セッコ


「 あれ? あれ? あれ? オイラが飲んだのは スクーロ? セッコ? いったい どっちなんだぁ~! 」

つまり、自分の味覚を 誇示したいのでありますね。 ^^;


( この件に関しましては、裏ラベルに記載されていた お客様相談室 に 只今 問い合わせ中です。 )


8/17 追記します。 お客様相談室より 電話、及びメールにて ご回答を頂きました。 以下、抜粋します。

お問合せいただきました 「 ランブルスコ・セッコ ジュゼッペ・ヴェルディ 」 の一部のロットにつきましては、お客様からご指摘頂きましたとおり、ワインの中身をより正確に表現したいとの生産者側の意向から 表面ラベルにイタリア語で 「 SCURO 」 とプリントされております。 いずれのラベルも中身は同一のワインでございます。

どうやら、Scuro も Secco も、中身は同じもののようです。 その中の Verdi バージョン という事でしょうか。

お客様相談室 受付窓口、I さま、ワインご担当者様、ご多忙中、酔っ払いにお付き合い下さり、また、真摯にご対応頂き、ありがとうございました。 どうやら、私の味覚 ( というより気分? ) が、思い違いをしていたみたいですね。 お騒がせし、誠に申し訳ありませんでした。


で、この 『 生産者側の意向 』 というところが気になり、もうちょっと調べさせて頂きました。

裏ラベルに記載の、カンティーネ・チェチ ( Cantine Ceci ) さん というのが、生産者のようです。 たぶん、こだわりのある方なのでしょうね。 Google 先生の講義はまだまだ続き なかなか興味深いのですが、一件だけリンクを貼っておきます。 ¥900 に届かないワインですが、その価格をはるかに越えて 充分に楽しませて頂きました。 ありがとうございました。

Vinica 『 Ceci Giuseppe Verdi Lambrusco Scuro


DAME BLANCHE  『 白い女 』


 DAME BLANCHE


白い女 』  ベルギーの友人が送ってくれました。

っても、画像ですけど。

「 でかい うまい 」  片言の日本語が添えてありました。

熱く溶かしたチョコを、アイスクリームの上に注ぐのだそうです。

冷たくて熱い、甘くとろける …  んで、白い女?

今では 通年あるみたいですが、かつてはブリュッセルの夏の風物詩だったのだとか。 日本の かき氷 みたいな存在なのでしょうか。

ま、フツーに日本でも食べられそうですが、やっぱ ご当地に行って いただきたいですよね。 王様の植物園を堪能した後、大広場の オープン・カフェ なんか だったら最高だろーなー  ^^

【 続きを読む 】

モズ @ 我が家の梅の木


庭の梅の木にモズが営巣していました。
娘の出産と想いが重なります。

奥さんと、チョッピ 覗かせてもらいました。

ノーファインダーで 慌てて 1枚だけ撮ったので、こんなアングルですいません。

 モズ @ 我が家の梅ノ木